クレジットカードのキャッシング枠、金利をしっかり見てから使おう

楽天カード 審査に落ちた

どのクレジットカードにも付帯している『キャッシング枠』。
キャッシング枠はショッピング枠と分けて設けられています。

 

なので、もしショッピング枠が限度額を超えてしまったとしても、キャッシング枠に空きがあればキャッシングすることは可能、ということになります。

 

キャッシング枠が必要ない場合、クレジットカードを作る際にキャッシング枠を『0円』で申し込むことによって、キャッシング枠のないカードを作ることもできます。

 

キャッシング枠の限度額は、ユーザー本人が希望することができます。
しかし、あまりにも高額の限度額を希望してしまうと、クレジットカードの審査が通りにくくなるので要注意です。

 

また、クレジットカードのキャッシング枠は総量規制の対象内になりますので、消費者金融で借金をしている人は、ここの限度額が限られてきます。

 

このキャッシング枠、もちろん楽天カードにもあります。
楽天カードはとても気軽に作ることのできるカードなので、手元にお金がない時に楽天カードのキャッシング枠を使ってキャッシングをしてしまう人も少なくないでしょう。

 

しかし、この楽天カードでもキャッシング。実は他のクレジットカードのキャッシングと比較して『高金利』であるということを覚えておかなければいけません。

 

楽天カードのキャッシング枠の金利は高金利

楽天カードの申し込みページには良いことばかり書かれていて気付きにくくなっていますが、キャッシングの金利は18%です。

 

この金利は、貸金業法で決められている金利上限ギリギリの金利となっています。

 

「審査が甘いカードだから仕方がない・・・」と思われるかもしれませんが、楽天カード同様、審査が甘いと言われているアコムマスターカードでも、これよりも金利が安く設定されています。

 

「今持っているカードだから」という理由でキャッシング先を決めるのではなく、金利などをじっくりと調べてからキャッシングするようにしましょう。

 

すぐにお金が必要な場合、アコムマスターカードであれば最短即日でクレジットカードを発行することができます。

 

自分が借りる場合の金利をじっくりと比較して、どのクレジットカードのキャッシング枠を利用するか決めた方が良いでしょう。

 

楽天カードの審査に落ちた方へ。審査基準が甘いクレカはここです。 トップページに戻る