無職の人でも祝日にクレジットカードを作れる方法

楽天カード 審査に落ちた

 

クレジットカードがあると、現金を持ち歩く必要がなく便利ですが、クレジットカードにはキャッシング枠があるので利用する人も多いです。

 

しかし、金利は15〜20%と消費者金融と比べるとかなり高いので、借り過ぎには注意しなくてはいけません。

 

クレジットカードを作る場合は、審査があります。
審査基準は、確実に返済してもらうために安定した収入があることが条件になります。

 

他にも持ち家があることや、親と同居しているかなどです。
無職でも、配偶者や親に安定した収入があるならば、審査に通ることもあります。

 

他にも無職でもこれまでに、キャッシングやカードローンの返済で遅延がなかったり、実家で家族と暮らしていれば審査に通ることもあります。

 

無職の人は、家族カードを利用するのも審査に通りやすいです。

 

クレジットカードは、インターネットから申し込めば、祝日でも申込むことができます。中には即日発行してくれるカードもあるので、急いでいる人は利用してみるといいでしょう。

 

無職のクレジットカード借り換え方法とは

無職になると、クレジットカードの借り換えが大変になります。

 

消費者金融系では総量規制の対象になりますので、年収の3分の1までしか借りることができませんので、無職になると借入できないことになります。
そのため、仕事を失ってからクレジットカードの借り換えを行おうとしても難しいのが現実です。

 

無職の場合は、現在使ってるカードが限度額まで借入していなければ、その分で賄うのが最も簡単な方法です。
日頃から特に利用する予定がなくても限度額まで借入している人は、このような時に困ります。

 

また、総量規制の対象外である銀行のカードローンなら借りられる可能性もあります。既に契約をしていて手元にカードがあるのなら、限度額までいくらでも引きだすことができます。

 

今まで契約したことがなく、新たに契約しなければならない場合には、やはり一時的にアルバイトでも良いので仕事を始めなければなりません。
審査の緩いところなら、ネット起業でも通ることがあります。

 

楽天カードの審査に落ちた方へ。審査基準が甘いクレカはここです。 トップページに戻る